musuhi

First a matter is sometimes always begun by small number of person by itsellf.
 

解体 DIY  Up cycle

どうも〜こんにちは〜♫。

開けてビックリじゃじゃじゃ〜ん的な壁の破壊作業。モルタル薄くて良かったね〜。

 

これで南からの光が店内に入るね

 
リノベーション
 

これは時代的な背景なのか...

高度経済成長期と共に人間が警戒を意識しだした時代とコミュニケーションの希薄さの比例。

オープンさをなくして光まで失う人間と建物たち。

まもなく時代は大転換を迎える。
これからの時代は、裏も表もなく全部丸見えだよ。

 

そうさ
嘘やごまかしが出来ない
世の中なのさ。

 

だから、まず裏の納屋解体してね。

納屋解体
 

って、意味わからないしぃ〜〜!!

 
はい、文句言わずにやりますよ。
ええ、ええやりますって。
 
 
解体ページ準備中ですがちょとだけ。
納屋解体
ここまでやるかね...あんたらナニモン?
 
 

ではいきなりですが、

Let's D.I.Y

いきなりすぎるでしょうに。
教わったことは無駄にしないで誰かに繋げたい。
How to?画像を集めてみました。

まずはビフォー写真

 
diy 外壁

まずは開口部を作りましょう。

モルタルは意外にも薄かったですが片付けるのには重くて一苦労でした。

 
もう一回登場します。

リノベーション

きれいに開口部が開きました。

軸組などの大きな作業は大工さんにお願いして、私たちは大工さんの手元と雑用係へと変身します!
 

窓の大きさに合わせて

写真が無くて、違う場所のものになります。
diy 外壁

新しい枠を組みましょう。

廃材じゃない材料だって使います。笑
 

窓が入りました。

外壁 diy

使わなくなったという窓をいただきました。ありがとうございます!!

いただいた窓は、サイズがぴったりでした。まるで神の計らいのようです。
大工さん、Kさん、一緒に運んでくれたOさん、
ありがとうございました!
 

白枠の窓を黒へ。

外壁 diy
 

下地します。

 
外壁 diy
しばらく放置されていましたのですっかり雪景色になってしまいました。
 

ここでやっと! 

あの納屋の解体で出てきた材料の出番です!!

外壁 diy
選り分けて、製材して、磨いて、手間暇かかります。
使えたのは、10枚ほどの足場板...。あとは全部薪へ。
 

はい、完成まで早送り

外壁 diy
製材をピースガーデンの敷地で行っていたので、寸法は現地合わせにしよう!だから少し長めに切って持ってきたら、、
なぜか全部ピッタリなサイズで摩訶不思議。??
 

とはいえ、
毎日、奇跡の連続な私たちですから〜♫

 

つづく。。。